横川ダム
提供:羽越河川国道事務所

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

SDGs宣言

当社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援し、企業理念の実践を通じて、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

環境保全
社会・地域の持続的発展
企業統治

○環境保全

社会資本整備への支援を通じ環境保全と低炭素型社会の実現に貢献してまいります

〈 主な取組み 〉

  • エネルギー効率の改善(HV車等への切替え)
  • 自然災害への対応(災害復旧等への支援)
  • グリーン購入の推進
  • 地域保全活動への参加 等
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
陸の豊かさも守ろう

○社会・地域の持続的発展

技術力向上に努め、社会資本整備への課題解決に向け真摯に取組み社会・地域の発展に貢献してまいります

〈 主な取組み 〉

  • ISO9001活動による強靱なインフラ整備及び維持管理への貢献
  • i-Constructionの推進
  • 地域経済への貢献
  • 防災・減災・除雪への貢献
  • 資格取得制度等による人財育成 等
質の高い教育をみんなに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう

○企業統治

健全で透明性が高く、自由闊達で風通しの良い職場・企業を創造してまいります

〈 主な取組み 〉

  • ISO9001/45001活動による法令遵守の徹底及び遵守意識の醸成
  • 感染リスクの分散
  • ステークホルダーとのリレーション強化
  • ダイバーシティ、働き方改革の推進 等
すべての人に健康と福祉を
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう

ダウンロードはこちらから

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み 持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み(PDF :1MB)

【持続可能な開発目標】

 2015年9月に国連で採択された、経済・社会・環境のあり方についての2030年までの世界共通目標です。
 持続可能な開発のための17の目標と169のターゲットで構成されています。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに
貧困をなくそう
飢餓をゼロに
すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
安全な水とトイレを世界中に
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基礎をつくろう
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう
パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs達成に向けた具体的な取組み

分 類 ゴール ターゲット 側面 チェック項目 具体的な取組み内容
○環境保全 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 7.2
7.3
環境
社会
経済
■エネルギー効率の改善
  • 全社用車のEV(BEV、HV、PHV、FCV)車への切替えを推進する。
  • クールビズ等に取組み外気温や湿度、体調等を考慮しながら、適度な室温に管理する。
つくる責任つかう責任 12.2 環境 ■グリーン購入の推進
  • 環境負荷を考慮し、負荷ができるだけ小さいものを優先して購入する。
気候変動に具体的な対策を 13.1 環境 ■自然災害への対応
  • 気候関連災害や自然災害に対し、全社一丸となって災害復旧を最優先事項として災害復旧申請等への支援する。
陸の豊かさも守ろう 15.8 環境 ■地域保全活動への参加
  • 地域のクリーン作戦、外来種駆除等に参加する。
○社会・地域の持続的発展 質の高い教育をみんなに 4.3
4.4
社会 ■社員研修、資格取得制度等を活用した人財育成
■将来の担い手に向けた社内外の人材育成
  • 技術研修、資格取得支援制度等の強化・充実により技術力向上を図る。
  • 将来の担い手(高校生等)に向けた、出前授業等に貢献する。
  • 就活サイトのインターンシップ受入により外部人材育成に貢献する。
働きがいも経済成長も 8.2


8.5
経済 ■i-Constructionの推進

■DX化への取組み
■ダイバーシティ・働き方改革の推進
  • ICT等の技術力向上研修を実施し、支援する。
  • UAV、CIM等の新技術への取組みを推進する。
  • RPA、遠隔臨場(ウェアブルカメラ等)等を導入しDX化を推進する。
  • 有給休暇の完全取得化を推進する。
  • 長時間労働の防止等、良好な労働環境の整備・構築と外部講師によるハラスメント講習を実施する。
  • 性別や思想・信条等にとらわれない採用と公平・公正な人事評価と適正な処遇を行う。
産業と技術革新の基礎をつくろう 9.1 経済 ■強靱なインフラ整備への貢献
  • 強靱なインフラ整備に向けた発注者とのリレーションを強化し、支援業務を遂行する。
  • ISO9001を実行し、経営と業務の改善を行い、質の高いインフラ整備に貢献する。
住み続けられるまちづくりを 11.b 社会
経済
■社会資本の維持管理への貢献
■自然災害への対応

■防災・減災・除雪への貢献
  • 公物管理補助業務等を通じて災害リスク管理に貢献する。
  • 気候関連災害や自然災害に対し、最優先事項として災害復旧申請等を支援をする。
  • 事業継続計画(BCP)に基づき常に事業継続が可能な状態にメンテナンスする。
  • 防災・減災に備え防災エキスパート等への積極的な登録を推奨・サポートする
パートナーシップで目標を達成しよう 17.17 社会
経済
■地域企業とのパートナーシップによる持続可能な地域経済への貢献
  • 地域企業の製品購入、施設利用等を推進し地域経済に貢献する。
  • 当社のステークホルダーである発注者、技術協力等の取引先、社員、支店(営業所)等とのリレーションを強化する。
○企業統治 すべての人に健康と福祉を 3.3


3.4

3.6
社会 ■感染症対策への取り組み


■社員の健康増進対策の推進

■交通事故の撲滅
  • 感染症への取組み(サテライトオフィス設置、新しい生活様式の実践、3密対策、マスク着用、手洗い手指消毒の徹底、用品等の購入・備蓄等)を周知・徹底する。
  • ISO45001を活用した定期的なリスクの洗い出しとメンテナンスを実施する。
  • 全社員の定期的な健康診断及びストレスチェックを実施し、問題がある場合は産業医によるフォローを行う。
  • 安全運転サポート車、ドライブカメラ等を採用し、安全運転を遂行する。
ジェンダー平等を実現しよう 5.5 社会 ■ダイバーシティの推進
  • 男女の区別のない育児・介護休業の取得を推進する。
  • 性別や思想・信条等にとらわれない採用と公平・公正な人事評価と適正な処遇を行う。
  • 多様な人財が活躍できる環境を構築するために幅広い社員を対象としたスキルアップ研修等を実施する。
働きがいも経済成長も 8.2


8.5
経済 ■i-Constructionの推進

■DX化への取組み
■ダイバーシティ・働き方改革の推進
  • ICT等の技術力向上研修を実施し、支援する。
  • UAV、CIM等の新技術への取組みを推進する。
  • RPA、遠隔臨場(ウェアブルカメラ等)等を導入しDX化を推進する。
  • 有給休暇の完全取得化を推進する。
  • 長時間労働の防止等、良好な労働環境の整備・構築と外部講師によるハラスメント講習を実施する。
  • 性別や思想・信条等にとらわれない採用と公平・公正な人事評価と適正な処遇を行う。
人や国の不平等をなくそう 10.2 経済 ■性、人種、障害、宗教などの差別のない採用
  • 性別や思想・信条等にとらわれない採用と公平、公正な人事評価と適正な処遇を行う。
住み続けられるまちづくりを 11.b 社会
経済
■社会資本の維持管理への貢献
■自然災害への対応

■防災・減災・除雪への貢献
  • 公物管理補助業務等を通じて災害リスク管理に貢献する。
  • 気候関連災害や自然災害に対し、最優先事項として災害復旧申請等を支援をする。
  • 事業継続計画(BCP)に基づき常に事業継続が可能な状態にメンテナンスする。
  • 防災・減災に備え、防災エキスパート等への積極的な登録を推奨・サポートする。
つくる責任つかう責任 12.3 経済 ■食品ロスの削減
  • フードバンク等へ食品(災害対応備蓄品)を寄贈し食品ロスを減らす。
平和と公正をすべての人に 16b 社会 ■法令遵守の徹底、遵守意識の醸成
  • 法令遵守の徹底と遵守意識の醸成のためのコンプライアンス会議を開催する。
  • 社員の心得、就業規則、情報セキュリティポリシー等に関する社員研修を実施する。
  • ISO9001/45001の実行により法規制及びその他の要求事項を明確にし、順守する。
パートナーシップで目標を達成しよう 17.17 その他 ■ステークホルダとのパートナーシップの強化
  • 当社のステークホルダーである発注者、技術協力等の取引先、社員、支店(営業所)等とのリレーションを強化する。

注)除く、既に達成されている完全週休二日制、LED化や法令により実施される酒気帯び関係等の取組み

企業の社会的責任(CSR)

 当社は、安全・安心で豊かな社会の実現に貢献する企業の社会的責任として、次のような活動等を行なっています。

日本救急医療財団 全国AEDマップ

日本救急医療財団 全国AEDマップ

 当社は、職場等にAEDを18箇所設置しています。また日本救急医療財団の運営する全国AEDマップ趣旨に賛同し、登録を進めています。

活動例

消火訓練

緊急時の対策として、所轄の消防隊員の指導のもと防災訓練を行っています。

消火訓練

水難事故防止、水難救助講習会参加

信濃川下流河川事務所主催の講習会に社員が参加し、水際での安全対策を学んでいます。

水難救助講習

クリーン作戦参加

北陸地方整備局の各事務所や工事安全協議会等が主催するクリーン作戦に参加しています。

クリーン作戦参加

森と湖に親しむ旬間参加

毎年7月の森と湖に親しむ旬間に行われるダムまつり等の行事に参加しています。

森と湖に親しむ旬間参加

外来種駆除作業に参加

松本支店では、中部山岳国立公園内の上高地入口周辺の外来種駆除作業に参加をしました。

外来種駆除作業に参加

災害時における活動

感謝状及び表彰状の贈呈式

 令和元年10月に発生した台風19号による災害対応にあたった団体又は会社に対し、感謝状及び表彰状の贈呈式が行われ、松本支店が北陸地方整備局長より表彰状及び感謝状をいただきました。
 長岡支店においても、災害対応功労者として信濃川河川事務所長より感謝状をいただきました。
 また、北陸地方防災エキスパートとして、活動した弊社関係者6名にも災害対応功労者感謝状をいただきました。
 今後も社員の防災エキスパート、砂防スペシャルエンジニア等への災害対応参加要請に積極的に参加していきます。