大町ダム

〈品木ダム、八ッ場ダム〉現場視察研修を開催【本社】2020年10月16日(金)

 10月15日~16日、関東地方整備局管内の品木ダム及び八ッ場ダムの現場視察研修会を行い社員30名が参加しました。
 品木ダムでは関東建設マネジメント(株)経営企画部登坂課長、河合高崎副支店長から新型コロナウイルスに対応した24時間体制、複雑かつ繊細な操作管理に丁寧な説明をいただきました。
 翌16日今年度から管理に移行した八ッ場ダム管理支所にて塩谷副所長、林管理技術者から2班に分かれ、昨年の台風19号で防災操作した八ッ場ダム、7,500万トンの洪水調節し、下流の被害軽減に貢献したこと、堤体漏水量が現在と同じ3リットルであったこと、1日で試験湛水(上昇)が終わったこと、地元の反対から調印までの苦労話、施工時の品質管理等、管理所内施設を回りながら説明を受けました。
 その後、周辺整備を視察し、道の駅「やんばふるさと館」で昼食ダムカレーを食べ解散。
 2日間天候に恵まれ、とても有意義なダム視察研修となりました。

〈品木ダム、八ッ場ダム〉現場視察研修を開催